遠日点

ペルセ群

流星写真と星野写真は、撮り方に反対の要素があるので、両方きれいに撮るのは難しい

流星はスピードが速いので、明るいレンズを開放にして高感度で写しとめたい
しかもその条件で長時間露出すると画面は真っ白に飛んでしまうので短い露出にしなくてはならない

星野写真は収差による星像のゆがみや高感度ノイズを軽減するため、少々絞り込んで感度は低めで撮りたい
そして星雲なども写るよう、光害に埋もれない程度の露出はかけたい

y803c_5DT5803cut.jpg
Canon EOS5DⅢ Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM
星野:F4.0 ISO800 824sec(5pic.) 加算平均合成
流星:F1.4 ISO1600 10sec 比較明合成
StellaImage7 PhotoshopElements11 約25%切出

そこで、どうせコンポジット写真を作るのなら、星野用の設定で数枚撮り、それと同じフレーミングで流星用の設定でばんばん撮りまくって写り込んだカットだけをコンポジットすればどうかと

いい方法だと思ったが、誤算は流星が1つしか写ってなくてしかも非常に薄かったこと
このカットではやや左上にうっすら1個のペルセ群流星が写っている
このテストは次の流星群に持ち越しだな…
  1. 2013/08/16(金) 16:44:50|
  2. 天体・空
  3. | コメント:0
<<夏の終わり -1- | ホーム | 天の川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

アクセスありがとう

プロフィール

y803

Author:y803

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月齢

fxwill.com

最近の記事とコメント

カテゴリ

天体・空 (80)
植物園 (434)
いきもの (44)
鉄 (24)
物撮 (4)
京都 (375)
滋賀 (126)
奈良 (294)
大阪 (6)
三重 (16)
少し遠く (55)
未分類 (3)

知り合いリンク

記事タイトルリスト

最初の記事

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ