FC2ブログ

遠日点

日没帯食

水平線の日没帯食が見たいと思い立ち、紀伊田辺へ遠征
空は快晴になったものの低空には雲が残る

y803_MG_1273.jpg

16:55 濛気の中、右下が欠け始める
800mm×3コンバーションという画質を度外視した光学系で攻める

y803_MG_1276.jpg

食と日没が同時進行してゆく
太陽の縁がシンチレーションで揺らぎ、まさに燃えている感じで沈んでゆく
雲を出たり入ったりしながらであるが、大写しではかえって絵になる

y803_MG_1279.jpg

17:06 これが最後に見えた食状態、このあと雲に入ってしまう
ここでの日没時食分は0.3くらいであるが、水平線に没する姿は見ることができなかった
太陽面右端の方に見えている2つのシミは太陽黒点だと思われる

y803_MG_1281.jpg

雲に入ったせいか、高度のせいか、太陽面の色が美しいグラデーションになった
食部分は見えなくなってしまったが…

y803_MG_9999_001.jpg

こちらは1992年1月5日にあった日出帯食
大津市で撮影、手前は琵琶湖である
18年越しで日出帯食と日没帯食の両方を見ることができた
と、感慨に浸ってみる

  1. 2010/01/15(金) 23:35:47|
  2. 天体・空
  3. | コメント:2
<<オリオン大星雲+雲  | ホーム | 鼓ヶ浦 -2->>

コメント

はるばる和歌山まで足をのばした甲斐がありましたね。御一緒できなくて残念でした。
いやしかし、18年越しとはいえ両食をカメラに納められたのは、やはり日頃の行いが良いのでしょうね。
  1. 2010/01/17(日) 22:03:17 |
  2. URL |
  3. だるま88 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 

一緒だったら道中も撮影ももっと楽しかったんでしょうが…
v-234ほんとに遠かったデス
まぁ18年もかかってるので行いが良かったのかどうかも怪しいもんデスv-12
でもやっぱり感動しましたよv-218
  1. 2010/01/17(日) 22:41:29 |
  2. URL |
  3. y803 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

アクセスありがとう

月齢

fxwill.com

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

全タイトルを表示

カテゴリ

天体・空 (88)
植物園 (460)
いきもの (49)
鉄 (24)
物撮 (4)
京都 (494)
滋賀 (170)
奈良 (333)
大阪 (6)
三重 (31)
少し遠く (71)
未分類 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム