遠日点

宵の伏見

予約した店の近くに寺田屋があることを知り寄ってみる



来年は大河で竜馬をやるので人気が高まっている
薩摩藩士による寺田屋騒動とか、ここを定宿としていた竜馬がおりょうの注進で難を逃れたことで知られる
建物は残念ながら鳥羽伏見の戦いで焼失しその後再建されたものらしいが、詳細については議論があるようだ

y803_1000340.jpg

こちらは予約していた店「べんがらや」
建物は伏見の古い町並みに合う風情のある造りになっている
料理も非常においしく、仕事仲間といつしか5時間以上も過ごしていた
  1. 2009/12/30(水) 21:52:09|
  2. 京都
  3. | コメント:4

冬の植物園を愉しむ

前記事のカワセミも植物園なのだが、
冬になって閑散としてしまった植物園も
ゆっくり時間を過ごすといろいろ愉しませてくれる



遅く紅葉する低木は高度の低い陽に照らされて目に鮮やかだ

y803_MG_1012.jpg

枯れ葉となってもなお赤い色を失わない

y803_MG_1070.jpg

すっかり葉の落ちた林で1本だけ紅葉真っ盛りという木があった
そういう種類なのだろうか

y803_MG_1100_2.jpg

バラ園の花もほとんどが茶色く縮れてしまっているが
まだマシな花を見つけてソフトに仕上げてみる
ピンぼけを1枚撮りさらに画像処理でぼかしをかけ、ピントの合った一枚とコンポジットしてみた
  1. 2009/12/29(火) 11:23:38|
  2. 植物園
  3. | コメント:4

カワセミに挑戦

天体用に手に入れていた Kenko 800mm/F8 でカワセミに挑戦してみた



鳥を撮るにはひたすら待ちである
この日最初のカワセミまで1時間待った

y803_MG_0994.jpg

カワセミは色がとてもきれいだが、ミラーレンズでしかも超高感度のせいか色がのらない
お決まりの現像時の色強調をする

y803_MG_1049.jpg

ダイブを数回見たが超望遠MFレンズではとても追いつかない
踏切から着水まで優に1秒を切っているので、ピントはおろか着水点すらつかめない
ダイブ前にじっと水中の獲物を探す姿と、ダイブ後に枝に止まる姿しか撮れなかった

y803_MG_1058.jpg

やっぱり鳥屋が持っているような機材が要る
大口径望遠 + 高速AF&高速連写機 + 三脚
そして何よりも経験を積んで習性を知る事だ
  1. 2009/12/27(日) 20:09:35|
  2. いきもの
  3. | コメント:2

大阪のイルミネーション

御堂筋イルミネーションは1月末まで
OSAKA光のルネサンスは中之島で12月25日まで開催中



地下鉄淀屋橋で降りると、電飾された御堂筋に出る
淀屋橋odonaの前に置かれているイルミカーには人だかりができていた
車種は何かと調べてみるとユーノスロードスターのようだ
座席に座って写真を撮ることもできるとのことで次々に人が座っていた

y803_MG_0900.jpg

中之島の方ではレトロな建物のライトアップもされている
写真は重要文化財の大阪市中央公会堂で、中の見学もできる

y803_MG_0901.jpg

中之島の周囲にはたくさんの電飾の観光船が運航している
川面に反射したイルミネーションが美しい

y803_MG_0902.jpg

通りや木々や公園も電飾され、様々な光のオブジェも置かれている
ディズニーキャラクターも多数置かれていて
テンションが上がる女子たちに混じって物撮りを決め込んだ
  1. 2009/12/23(水) 20:54:30|
  2. 大阪
  3. | コメント:0

嵐山花灯路 ~残念ながら

残念ながら去年の写真である
今年は明日12/20まで開催中だが、忙しくて行けそうもない



渡月橋と山肌がライトアップされている
橋にはたくさんの人が集中する

y803_MG_2411b.jpg

中の島公園には大きな灯籠があって
ひとつひとつ絵が描かれている

y803_MG_2446.jpg

京の路地にはこんな灯りがよく似合う

y803_MG_2447.jpg

こちらは竹林のライトアップ
竹林の中を巡る竹垣の道もなかなかよいが
人の入らないカットなどはとても撮れない
皆、思い思いに写真を撮りながらそぞろ歩いてゆく

春の花灯路にはなんとか行きたいと思う
  1. 2009/12/19(土) 23:04:52|
  2. 京都
  3. | コメント:2

ふたご座流星群

だるま88さんと合流し、ふたご座流星群(αGem群)撮影に挑戦
晴れ時々曇り、風強し



14日20~23時で30~40個くらい見れたと思うが、写真にはなかなか写らない
広角レンズでもなかなか画角内に流れないし、入っても光量が足りなかったりして写らない
やっと2、3枚写った中で一番マシなカット、流星部分をトリミング
オリオンとプロキオンの間をシリウスの方へ、冬の大三角の真ん中だった
眼視ではもっと長い光跡を引いたと思うのだが
写真には明るい部分だけが写った

  1. 2009/12/15(火) 01:42:09|
  2. 天体・空
  3. | コメント:2

プレアデス

プレアデス星団(M45)の画像処理ができた
4枚コンポジットで、青いガスがよく写った



青白い星の色は超高温であることを示し、宇宙時間的には非常に若い星々であるらしい
和名は言わずと知れた「すばる」
調べてみると、「統(す)まる」「統べる」が語源で、星々が集まって統合されていることからそう呼ばれたらしい
目のいい人なら肉眼で6、7つ数えることができる
今の時期であれば宵に東天に昇っていて、光害地域でも目につき探しやすい
これを7×50くらいの双眼鏡で見ると息をのむほどの美しさである

  1. 2009/12/10(木) 23:31:50|
  2. 天体・空
  3. | コメント:2

アンドロメダ

今日は快晴だった
仕事帰りにアンドロメダ大星雲とプレアデスを撮った
ひとまずアンドロメダの画像処理ができたので…



光害地域ではあるが、アンドロメダ大星雲の腕の様子もまぁ出た方ではなかろうか
アンドロメダ(M31)の腕の中に見える少し大きめの光斑がM32
右上に離れて見えるもう少し大きな光斑がM110
これらの銀河に加え、南半球で見える大マゼラン、小マゼラン
そして太陽系の属する天の川銀河はわりあい近い位置にあり、
その他40ほどの銀河が重力で結ばれて銀河群を成しているという

少しデータを書いておくと…
Canon EOS5DⅡ EF200L/2.8開放
ISO800 TOAST IDAS-LPS-P2
4画像コンポジット 合算771sec
StellaImage6 PhotoShop6
中央部トリミング

  1. 2009/12/09(水) 01:49:30|
  2. 天体・空
  3. | コメント:5

秋の実を探す

秋の森では素朴な赤い実も目をひく



瑞々しい感じの実に水滴が残り、なにかおいしそうでもある
食べれるかどうかは分からないし
そもそもここは植物園であるが

y803_MG_0662.jpg

こちらも水滴がきれいだ
水滴にさらに実が写り込むようにしてみたが
手持ちマクロではなかなか難しい

y803_MG_0635.jpg

この実はとても食べ物的だ
野鳥が喜んで食べて種を運んでくれるだろう

y803_MG_0665.jpg

紫色の実と完全に種になったもの
なんとなく、冬支度をしなければ…という気になる
  1. 2009/12/05(土) 16:48:17|
  2. 植物園
  3. | コメント:2

紅葉も終盤

もみじ以外の紅葉を集めてみる



植物園の森林エリアはほとんどの草木が茶色だったが
ひときわ鮮やかな赤色に紅葉している葉を見つけた

y803_MG_0619.jpg

桜の紅葉は早くから始まるせいか葉の残りも少なくなっている

y803_MG_0621.jpg

これはメタセコイアだと思う
調べると「スギの仲間で針葉樹なのだが紅葉して落葉する」とある
針葉樹には紅葉も落葉もないと思い込みしていた

y803_MG_0678.jpg

秋アザミが一輪だけ残っていた
夕方の光に真逆光で撮ってみた
  1. 2009/12/01(火) 21:28:51|
  2. 植物園
  3. | コメント:0

アクセスありがとう

プロフィール

y803

Author:y803

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月齢

fxwill.com

最近の記事とコメント

カテゴリ

天体・空 (79)
植物園 (424)
いきもの (42)
鉄 (23)
物撮 (4)
京都 (344)
滋賀 (118)
奈良 (271)
大阪 (6)
三重 (16)
少し遠く (51)
未分類 (3)

知り合いリンク

記事タイトルリスト

最初の記事

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ